Thailand(タイ)やBangkok(バンコク)に関するニュースを紹介し、 それに関連するネタについて書くタイブログです。

バンコクで「VIPタクシー」に乗ってみたい!

バンコクで「VIPタクシー」に乗ってみたい!

記事の紹介

 

回は、タイランドハイパーリンクスさんの記事、「バンコクでメルセデス・ベンツのVIPタクシーが始動へ、初乗り150バーツ(約500円)」のご紹介です。

 

 バンコクで2018年5月30日、最上級のサービスを提供するタクシー「TAXI VIP」がスタートします。

 「TAXI VIP」のサービスを行うのは、これまでのバンコクを走るタクシーとは違い、乗車拒否をしない事などを売りに2015年にトヨタ・プリウスでサービスを開始した「ALL THAI TAXI」。「TAXI VIP」の車両は白のメルセデス・ベンツCクラスで、8月までに100台が登録される予定です。

 「TAXI VIP」の初乗り運賃は2キロまでが150バーツで、その後1キロごとに16バーツが加算。車両には、GPSシステム、360度CCTV、緊急ボタンが設置され、メーターは不正のないように中央センターに接続されて管理されます。またクレジットカード支払いも可能。

≪つづく≫

 

詳しくはこちらへ↓

 

 

バンコクのタクシー

 

ブルー、グリーン、イエロー、ピンク、グリーン&イエローのツートンカラーなど、さまざまな色のタクシーが走っているバンコクですが、これまで、メーター制であるにもかかわらず、メーターを使わずに高い料金を要求されたり、明らかにメーターが早く上がるように細工された、いわゆる「ターボメーター」を搭載したタクシーや、頻繁に乗車拒否するタクシーがある、などなど、バンコクではタクシーとのトラブルが後を絶ちませんでした。

 

以前、こちらでも、「バンコクのタクシーは質が悪いのか?」というタイトルで記事を書きました。

 

 

最近では、UberやUberが東南アジアから撤退した今年の4月からはGrabがなどのスマートフォンアプリを利用して手軽に利用できるタクシーもあり、利用者の選択肢も広がってきました

 

そんなバンコクのタクシーですが、このたび、TAXI VIPがスタートしたそうです。

 

この白のメルセデス・ベンツCクラスを使用したTAXI VIPですが、初乗り料金が2kmまで150バーツで、その後1キロごとに16バーツ加算バーツと、初乗り1kmまでが35バーツの通常のタクシーよりは高いですが、車種がベンツであることはもちろん、クレジットカード支払いも対応しており、記事にもあるように、車両にはGPSシステム360度CCTV緊急ボタンが設置されていることに加えて、メーターは不正のないように中央センターに接続されて管理されているようです。

 

 

以前にもバンコクにはVIPタクシーがあった?

 

これまでも、いわゆる「VIPなタクシー」ということで言えば、高級車を使用したリムジンハイヤーがありました。

 

また、Grabを利用する際にも、GrabCar Plusとしてハイヤーやランクの高い車種を選ぶこともでき、バンコクでは以前、ランボルギーニのタクシーポルシェのタクシーも話題となりました。

 

 

 

 

 

バンコクのランボルギーニ・タクシーやポルシェ・タクシーは話には聞いていましたが、残念ながら一度も利用する機会はありませんでした。

 

今回、開始されたTAXI VIPサービスは利用してみたいと思います。

 

ミニカーコレクターの方にはタイタクシーのミニカーもコレクションの一つに加えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

おわりに

 

それでは、本日のまとめです!

 

・ 最近、バンコクではUberやUberが東南アジアから撤退した今年の4月からはGrabがなどのスマートフォンアプリを利用して手軽に利用できるタクシーもあり、利用者の選択肢も広がってきた

・ バンコクでは、白のメルセデス・ベンツCクラスを使用したTAXI VIPがスタートした

・ 以前も、ランボルギーニのタクシーやポルシェのタクシーが話題となったことがある

 

クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


バンコクランキング


タイランキング

自動車に関するニュースカテゴリの最新記事