Thailand(タイ)やBangkok(バンコク)に関するニュースを紹介し、 それに関連するネタについて書くタイブログです。

最近、ネットニュースで紹介されたタイ料理店

最近、ネットニュースで紹介されたタイ料理店

記事の紹介

 

回は、ウォーカープラスさんの記事、「話題のイサーン料理店で旨くて辛いタイ屋台麺を味わう 」のご紹介です。

 

 バンコク、ニューヨークなど、世界の4都市で本格的なタイ東北部イサーン地方の料理を提供し、高い評価を得ている「ソムタムダー」が、2017年9月13日に初上陸。日本では珍しいイサーン料理を味わえるお店として、開業後ほどなく脚光を浴びている。

酔いが覚めるぐらい辛い⁉ タイ屋台の定番「パッキーマオ」

 バンコクを中心としたタイ中央部の料理といえば、辛味・塩味・酸味と共に甘味があるのが特徴だが、イサーン料理は中央部に比べると甘味が少ない。名物は店名にもなっている、“酸っぱ辛い”「青パパイヤサラダのソムタム」(1166円~)だが、麺類も見逃せない。

 なかでも辛くて発汗作用を促す、夏にぴったりの麺メニューが「パッキーマオ」(1566円)だ。名前の由来は諸説あり、「キーマオ(酔っぱらい)の酔いが覚めるほど辛いから」という理由でそう呼ばれるようになった説も。メニュー表には日本語で「平米麺のバジル入り激辛炒め」と書かれ、メインの具はエビと豚肉から選ぶことができる。

≪つづく≫

 

詳しくはこちらへ↓

 

 

イサーン料理の定番「ソムタム」

 

タイの東北部には、ウドーンタニー、コーンケーン、ナコーンラーチャシーマー(コラート)、ウボンラーチャターニー(ウボン)の5県があり、イサーン(อีสาน)と呼ばれています。

 

このイサーンには、トムヤムクンやパッタイ、カオマンガイなど有名なタイ料理はもちろんありますが、タイ語でข้าวเหนียว(カオニャオ)と呼ばれるもち米ラープガイヤーン(焼き鳥)サイクロー・イサーン(イサーンソーセージ)などや、以前、こちらでも紹介した、タガメやタマムシ、カブトムシ、サソリなどの国連も推奨しているという昆虫食イサーン料理として有名です。

 

 

 

 

 

 

その中でもソムタム(パパイヤサラダ)イサーンの代表的な料理と言えます。

 

このソムタムですが、青いパパイヤを使ったサラダで、石のすり鉢にの中に、細く切った青いパパイヤやいんげん、トマト、ナンプラー、砂糖、とうがらし、にんにく、マナオというタイのライム果汁などを入れ、棒で叩くようにして混ぜながら作ります

 

 

イサーン地方では、これらに「パラー」と呼ばれる魚を発酵させたものを入れる「ソムタム・パラー」や沢蟹を入れる「ソムタム・プー」なども非常にポピュラーです。

 

 

ネットニュースで紹介されたタイ料理店

 

今回の記事の「ソムタムダー」のように、最近、ネットの記事タイ料理店やイサーン料理店がしばしば紹介されているのを目にします。

 

 

日本では珍しいイサーン料理を味わえるソムタムダー」はJR代々木駅近くにあります。

 

〒151-0053 東京都渋谷区代々木1丁目58−10

TEL:03-3379-5379

定休日:月曜日

営業時間:火曜日~日曜日 11時30分~15時00分、17時00分~23時00分

 

 

 

種から育てている生鮮ハーブが楽しめるテイクアウト専門店「Little ZUCI(リトルシュチ)」はイトーヨーカドー津田沼店駐車場に出店されています。

 

 

〒275-0016 千葉県習志野市津田沼1丁目10−30

定休日:なし

営業時間:11時~14時30分、16時30分~19時30分

 

 

 

渋谷・明治通り沿いにある都市型商業施設「GEMS(ジェムズ)神宮前」の6階にはトゥクトゥクに乗車して記念撮影ができるタイの食卓 クルン・サイアム」があります。

 

 

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目19−17

TEL:03-6427-2508

定休日:なし

営業時間:11時30分~23時00分

 

 

 

恵比寿にある「CCB(CRAB CLUB BAR)東京(TOKYO)」では本場タイ料理のランチが800円から楽しめます。

 

 

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1丁目23番地 8号

TEL:03-6712-2823

定休日:なし

営業時間:11時30分~15時00分、17時30分~00時00分

 

 

 

JR川崎駅に直結しているラゾーナ川崎には、本格的なタイ料理を洗練された雰囲気で楽しめる店として知られる「マンゴツリーカフェ」がこの4月にオープンしました。

 

 

〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ

TEL:044-874-8606

定休日:なし

営業時間:11時00分~23時00分

 

 

 

JR川崎駅から徒歩10分、パレール川崎1階にあるのは、タイ生まれ川崎大師育ちの店主がイサーン料理を振る舞うEsan Skabar(イサーン酒場)」。

 

 

〒210-0005 神奈川県川崎市川崎区東田町8

TEL:044-201-8665

定休日:なし

営業時間:月曜日~土曜日 11時30分~15時00分、17時00分~00時00分

日曜日 17時00分~00時00分

 

 

 

どれも一度は行ってみたいお店ばかりですね!

 

レシピを見ながら自分でタイ料理を作ってみるのもいいですね。

 

 

 

 

 

おわりに

 

それでは、本日のまとめです!

 

タガメやタマムシ、カブトムシ、サソリなどの国連も推奨しているという昆虫食もイサーン料理として有名だが、「ソムタム」はイサーンの代表的な料理である

・ソムタムは、石のすり鉢にの中に、細く切った青いパパイヤやいんげん、トマト、ナンプラー、砂糖、とうがらし、にんにく、マナオというタイのライム果汁などを入れ、棒で叩くようにして混ぜながら作る

・ 最近、ネットの記事でタイ料理店やイサーン料理店がしばしば紹介されている

 

クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


バンコクランキング


タイランキング