Thailand(タイ)やBangkok(バンコク)に関するニュースを紹介し、 それに関連するネタについて書くタイブログです。

気を付けたい!日本人が狙われる犯罪の手口!

気を付けたい!日本人が狙われる犯罪の手口!

記事の紹介

 

回は、HARBOR BUSINESS Onlineさんの記事、「詐欺被害も多いタイ、バンコクでなんと『振り込め詐欺』が増殖中」のご紹介です。

 

 外務省により2018年度の海外在留邦人数の統計が発表された。海外在留邦人とは、3ヶ月以上住所を定めて国外に滞在している日本人の数だ。

 2018年度版によると、上位5位はこの数年間で大きな変動はなく、1位がアメリカ、2位が中国、3位がオーストラリア、4位タイ、そして5位カナダとなる。オーストラリアは前年比5%増で居住先として人気があり、タイも政情不安が続くわりには3.4%増と順調に在留邦人が増えている。

 しかし、タイにおいては昔から邦人の犯罪被害も多いことで有名だ。同じく外務省が発表する「海外邦人援護統計」の2017年度版(こちらは毎年12月に発表されるため、最新は2016年度の件数)では、在タイ日本大使館が邦人援護した件数が実に1048件となる。2位がフィリピン、3位はロサンゼルスの領事館になるのだが、共に800件台。つまり、タイはぶっちぎりに邦人の犯罪被害が多い。

 同統計では在外公館別の被害内訳が公開されていないので詳細はわからないが、アジア地域では犯罪被害者が1084人にのぼる。このうち殺害された人は3人のみで、主に多いのは窃盗720人、詐欺153人になる。おそらくバンコクもこのふたつの被害者が多いと考えられる。

 タイ国内、特にバンコクでは外国人旅行者に対して詐欺師たちが牙をむいてくる。もちろん、旅行者はそれと気づかずに、身ぐるみを剥がされたのちにやっと自分が被害に遭ったことを知る。

≪つづく≫

 

詳しくはこちらへ↓

 

 

日本だけじゃない「振り込め詐欺」

 

現在、至るところで注意喚起が促されている「振り込め詐欺」ですが、身内や知人を装って現金を奪う手口としては、古くは、1915年に電報を利用して為替送金を指示した詐欺未遂事件が発祥であると言われています。

 

2000年に入ると、「オレオレ」と身内を装い、現金を振り込ませる手口から「オレオレ詐欺」、または「振り込み詐欺」と呼ばれるようになり、その後、「振り込み」は「自ら納得して自ら振り込む」という意味合いがあることから、「振り込め詐欺」へと呼称が統一されたようです。

 

今回、ご紹介したのは、日本だけには留まらず在住日本人を狙ったこの「振り込め詐欺」がタイでも増加しているという記事です。

 

記事にもあるように、外務省による「海外在留邦人数」を見るとアメリカ、中国、オーストラリアに続き、世界第4位であることに加えて、徐々にではありますが、増加傾向にあり、在住日本人が多いタイでは以前から本人が犯罪に巻き込まれることが少なくありません。

 

 

日本人観光客を待ち受ける犯罪の手口

 

在タイ日本人の間では、この「振り込め詐欺」以外にも以前から、「王室関連なので絶対失敗しない投資」などといった詐欺などはあったようで、日本人が日本人を騙すことという話もしばしば聞かれます。

 

こうした、在タイ日本人が巻き込まれる犯罪以外にも、観光客が被害にあう事件もタイでは多く見られます。

 

その中でも、手口を知っていたがために幸運にも被害にはあうことはありませんでしたが、私、もしくは私の周りがタイ滞在中に遭遇した事例をいくつか挙げてみたいと思います。

 

 

・いかさま賭博

自称インドネシア人やフィリピン人の女性(男性の場合もある)が簡単な分かりやすい英語で話しかけてきます。

親しくなったところで、私は近いうちに日本に行きたいのだけど、両親が心配するので日本人と友達になりたい、あなたと友達になって親に紹介したいと言い出して、タクシーで家に連れて行かれます。

家に着くと、両親は外出していて、親族と称する数名がトランプ賭博をしており、両親が帰宅するまで、トランプをしようと誘われます。

最初は順当に勝ちますが、掛け金が徐々に高くなり、最後には全ての現金を取られ、場合によってはATMに連れていかれて現金を下ろさせられることもあるようです。

 

・ 宝石詐欺

主に王宮周辺などでトゥクトゥクに乗ろうと運転手に目的地を告げると、今日は休みだから土産屋に連れて行ってやる、あなたを土産屋に連れていくことにより、店からガソリンクーポンをもらえるので運賃はタダで良いということで、宝石屋に連れていかれます。

宝石屋に入ると、欧米系の客が、ここの宝石はとても良いもので、日本で売れば数倍の値段で売れる、宝石を買い取ってくれる日本の宝石店を紹介すると言って日本にある宝石店を教えてくれます。

宝石を買って日本に帰っても店がない場合や、あったとしても買い取ってなどくれないのは言うまでもありません。

宝石以外にもスーツを購入させられ、裾上げなどをした後に日本に送ると言われますが、粗悪品が送られてきたり、いつまでたっても、送られてこないというスーツ詐欺もあるようです。

 

・ 日本円見せてくれ詐欺

セブンイレブンの中で、中東系の男性に話しかけられます。二言、三言、会話を交わした後、自分の財布を取り出し、自分の国の通貨はこういうものだと10数枚の札を見せながら、日本円を見たことがないので見せてほしいと言われます。

こちらが日本円の札を出して見せると、手に取って見た後に返してくれますが、後で1万円札が数枚無くなっていることに気が付きます。

 

・ クレジットカード詐欺

自称シンガポール人という女性に英語で声を掛けられます。

彼女はカバンを盗まれて、その中に、パスポートとお金などをすべてが入っていたようです。

親から送金してもらおうと思っているが、送金してもらう手段がない、タイは危険だからあなたも気を付けなければいけない、あなたのクレジットカードの口座に送金してもらうように頼むので、あなたのクレジットカード番号を教えてほしいなどと言われます。

クレジットカード番号を教えると、どこかに電話をし、送金してくれることになったということで、お金をおろさせてほしいとATMに連れていかれ、キャッシングをさせられます。

 

・ ブラックマネー詐欺

アフリカの政府高官となどといった人に声を掛けられます。

その際、自国の政情不安から億単位の金を持ち出したのだが、大量の現金はタイに持ち込むことができないため、入国する際、黒い紙にして持ち込んだ、などといった話をされます。

ホテルなどの部屋に着いていくと、黒い紙に特殊な薬品をかけると本当に黒い紙が100ドル札に変わるのですが、全ての紙を100ドル札に変えるには薬品が足らず、ちゃんと分け前は渡すから、薬品を購入する現金を貸してほしいともちかけられます。

 

・ 偽ソンブーン

タイ中華風の海鮮料理の有名店ソンブーンに行きたいとタクシー運転手に告げると、ソンブーンディーという偽ソンブーンに連れて行かれます。

現在は、ソンブーンディーは閉店してしまったので別の店に連れて行かれるようですが、頼んでもいないのに料理がどんどん運ばれてきて、最後には高額の伝票に驚かされます。

 

・ レディーボーイハグ

深夜、主にスクムビット通りで数人のレディーボーイにふざけながら強引に抱き着かれます。

離れようとしてもなかなか離れることができず、やっと解放してくれて安心して歩いていると、ポケットの中から財布がなくなっていることに気が付きます。

 

・ 偽ガイド
鈴木さんですか?佐藤さんですか?などと日本人の苗字に多い名前であるか尋ねている偽物のガイドに空港で会うことがあります。

偶然にも、その苗字の方が、ガイドに着いていくと車に乗せられ、どこかに連れて行かれて、脅されたり、場合によっては睡眠薬を飲まされたりして持ち物を盗られるようです。

 

・ 偽店員

レストランで食事をしていると、ドリンク代は後払いで良いが、食べ物の料金だけは料理が来た際に払ってもらうことになっていると店員に言われ、料金を支払います。

お会計の際に、先ほどの店員が偽物だと気づきます。

 

・チャオプラヤ川ボート

チャオプラヤー川沿いを歩いていると、ボートに乗らないかと声をかけられます。

料金も安くボートをチャーターできるため乗ることにすると、沖に出た際に、高額な料金を言われ、支払うかここで突き落とされるか選ぶように求められるようです。

 

これら以外にも、両替の際に1000バーツ札を抜かれたり、勝手に蛇を首に巻き付けられ、写真を撮られた後に料金を請求されたりといった例もあります。

 

私の周りにはいませんが、レンタルバイクやレンタルジェットスキーを借りた際に、「壊れている」、「傷がついている」と業者に言われ、高額な修理費を請求されるといった事件もあるそうです。

 

いろいろ書きましが、常に犯罪者や詐欺師に狙われているわけではなく、しっかりと知識があれば、こういった犯罪や詐欺からも身を守ることはできます

 

 

知らない人には着いていかない!

 

どんな店でもタクシーやトゥクトゥクは言われるがままについていくのは危険!

 

注意しながら、楽しいタイ旅行を!

 

 

おわりに

 

それでは、本日のまとめです!

 

・ 最近、日本だけには留まらず、タイでも在住日本人を狙った「振り込め詐欺」が増加している

・ 在タイ日本人が巻き込まれる犯罪以外にも、観光客が被害にあう事件もタイでは多く見られる

・ 常に犯罪者や詐欺師に狙われているわけではなく、しっかりと知識があれば、犯罪や詐欺からも身を守ることはできる

 

クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


バンコクランキング


タイランキング

事件に関するニュースカテゴリの最新記事