サイトをオープンしました!

ピーチ+バニラ=ピーチ

ピーチ+バニラ=ピーチ

記事の紹介

 

回は、日経トレンディネットさんの記事、「ピーチとバニラが統合 ユーザーにはどう影響?」のご紹介です。

 

 国内の格安航空会社(LCC)が大きく変わろうとしている。ANAホールディングスが出資するピーチとバニラエアの両社が2019年度末をめどにピーチを基盤に統合することが、2018年3月22日に発表された。

 2018年度下期より両社の統合へ向けたプロセスを開始。遅くても2020年春までにはバニラエアの機体は全てピーチの機体に塗り替えられる。さらに、ANAホールディングスの片野坂真哉社長は「現在35機ある機体を今後は50機以上に増やし、50路線以上に拡大する」と話す。ピーチの拠点は関西空港、バニラエアの拠点は成田空港だが、今回の統合によって新生ピーチは首都圏・近畿圏の両方に強いLCCとなるだろう。

≪つづく≫

 

詳しくはこちらへ↓

 

 

ピーチとバニラ

 

近年、いわゆるLCCローコストキャリア(Low-cost carrier)がますます注目を集めています。

既存の大手航空会社、いわゆるレガシー・キャリアの他の選択肢として、日本にLCCが登場してから約10年が経過し、非常に安い費用で海外に行けるようになりました。

 

記事にもあるように、ANAホールディングスが出資するわが国を代表するLCC、ピーチバニラ・エアの両社が2019年度末を目途にピーチを基盤に統合するようです。

 

Peach(ピーチ)というブランド名で知られる、Peach Aviation(ピーチ・アビエーション)株式会社は関西国際空港を拠点とするLCCで、2012年3月に就航を開始しました。

 

現在、国内線では、関西からは新千歳、釧路、仙台、新潟、成田、松山、福岡、長崎、宮崎、鹿児島、那覇、石垣へ、成田から福岡、那覇から福岡、福岡から新千歳、仙台から新千歳へ就航しています。

 

また、国際線においては、関西から仁川、釜山、桃園、高雄、香港、浦東、那覇から桃園、高雄、仁川、バンコク・スワンナプーム、羽田から桃園、仁川、浦東、新千歳から桃園、仙台から桃園への路線があります。

 

 

一方、2011年8月31日にエアアジア・ジャパン株式会社として設立、2012年8月1日に就航を開始したバニラ・エアは、2013年10月26日に運航を一時休止した後に11月1日に現在の「バニラ・エア株式会社」として12月20日から運航を再開しました。

 

こちらは、成田から関西、那覇、石垣島、奄美大島、新千歳、函館、そして、関西から函館に就航しており、国際線においても、成田から桃園、高雄、香港、関西から桃園、那覇から桃園への路線があります。

 

 

ピーチとバニラ統合でバンコクに安く行ける?

 

統合後の、新生ピーチは成田および関西の両空港から小型機を使った東南アジア路線に参入するようです。

 

バンコクについて言うと、成田からバンコクは、タイ・エアアジアXが1日3往復、スクートが1日1往復で運航していますが、搭乗率は9割以上となっているようです。

 

また、先日も、ここで紹介したように現在、タイ航空では羽田発が2便、成田発が4便となり、関西発、中部発がそれぞれ2便、福岡発、札幌発がそれぞれ1便ずつと、タイ航空だけで毎日計12便が日本からバンコクへと飛び立っており、JALは羽田発、成田発が毎日2便、関西、中部発がそれぞれ毎日1便、ANAも羽田発、成田発が毎日2便とバンコクへ就航しています。

 

経由便として、キャセイ・パシフィック航空大韓航空シンガポール航空中国南方航空マレーシア航空チャイナエアラインベトナム航空フィリピン航空などを利用していくことも可能です。

 

今回のバニラとピーチの統合で、バンコクへさらに安く行けるようになると良いですね。

 

 

スカイスキャナーで航空券を検索してみるとお得な航空券が見つかるかもしれません。

 


航空券徹底比較『スカイスキャナー』


おすすめです!

 

 

おわりに

 

それでは、本日のまとめです!

 

・ ピーチとバニラ・エアの両社が2019年度末を目途にピーチを基盤に統合し、東南アジア路線に参入する

・ 成田からバンコクへは、タイ・エアアジアXが1日3往復、スクートが1日1往復で運航しているが、搭乗率は9割以上となっている

・ バニラとピーチの統合で、バンコクへさらに安く行けるようになる可能性がある