Thailand(タイ)やBangkok(バンコク)に関するニュースを紹介し、 それに関連するネタについて書くタイブログです。

4月のタイのイベントと言えば?

4月のタイのイベントと言えば?

記事の紹介

 

回は、TBS NEWSさんの記事、「徴兵検査のくじ引き、人気アイドルも登場 結末は?」のご紹介です。

 

 タイの各地では、この時期、恒例の徴兵検査が実施されます。選抜方法はくじ引きですが、人気アイドルが対象になったバンコクの会場では思わぬ展開が待っていました。

 黄色い歓声に包まれて会場に現れたのはベンベンさん(20)。韓国を中心にアジアで活躍するK-POPアイドルグループ「GOT7(ガットセブン)」のメンバーです。

 このGOT7、去年12月には日本武道館で2日間、コンサートを行うなど日本でも絶大な人気を誇り、ベンベンさんは、もちろんタイでも人気者です。タイでは20歳から26歳の男性に対して徴兵に応じる義務が課せられていて、芸能人や僧侶も、原則、一度は徴兵検査を受けなければなりません。

 「(Q.メンバーは何か言ってましたか?)ただグッドラックと言ってくれました」(GOT7 ベンベンさん)

 入隊免除のくじを引くよう応援するため、1000人を超えるファンが詰めかけました。

 「ベンベンさんの隣にいた男性と代わりたかったわ。私が代わりに軍に入ってあげたい!」(ファン)

 タイならではの、こんな人たちの姿もありました。タイでは性別適合手術を受けた後も戸籍の変更はできないため、検査を受ける義務があります。

 「私が男だったら軍隊に入りたいのですが・・・」(大学生 ガーオさん)

 もっとも、検査には参加するものの、多くの場合、兵役は免除されるといいます。

 「選抜方法にはくじ引きが採用されています。黒い紙を引くと兵役免除、そして、赤紙を引くと入隊が決まります」(記者)

 この日は206人の参加者に対して当たりとなる赤紙は74枚。およそ3人に1人は入隊することになります。

≪つづく≫

 

詳しくはこちらへ↓

 TBS NEWS 
徴兵検査のくじ引き、人気アイドルも登場 結末は?
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3338779.htm
 タイの各地では、この時期、恒例の徴兵検査が実施されます。選抜方法はくじ引きですが、人気アイドルが対象になったバンコクの会場では思わぬ展開が待っていました。  黄色い歓声に包まれて会場に現れたのはベンベンさん(20)。韓国を中心にアジアで活躍するK...

 

 

タイの4月と言えば

 

タイの4月と言えば、ソンクラーンですね。

 

タイには一般的な年始、中国正月(旧正月)、そして、この「水掛け祭り」とも言われるソンクラーンとタイには1年に3回正月があります

 

このソンクラーンですが、実は、本日から始まります。4月13日から15日はタイの旧正月にあたり、政府によって祝日とされており、タイ人が一番大切にしている正月といってよいかもしれません。そのため、例年、この時期には故郷に帰る人が多く、タイ国内の交通機関は大変混雑します。

 

 

水掛け祭りと呼ばれることからもわかるように、現在では新年のお祝いというよりむしろ、お祭り色が強く、1年の中で一番暑い時期にあたることから、水の掛け合いに発展していったと言われています。

 

 

 

また、4月13日から15日の前後の約10日間については、テーサカーン・ソンクラーンと呼ばれ、祝日にはなっていませんが、様々な祭典が行われたり、海外旅行に出かけたりする人も多く、この4月は日本にも多くのタイ人観光客がやってきます

 

 

4月のもう1つの大イベント

 

4月のタイにはもう一つ大きなイベントがあります。

 

それは、徴兵検査です。

 

タイにはゲーンタハーンと言われる徴兵制度があり、タイの男性は満18歳の誕生日に予備役の登録をし、満21歳に達する年の4月に徴兵検査を受験しなければなりません。

 

この徴兵検査では、まず身体検査を受け、身体検査に合格すると、くじを引くことになります。

 

全国各地で行われるこの「くじ引き」。自分の息子やお兄さん、弟が当たり(はずれ?)を引かないでほしいと願いながら、家族総出でそのくじ引きを見守る模様はテレビで生放送され、毎年、大変注目を集めています

 

抽選箱には赤票(陸軍・海軍・空軍)、黒票(徴兵免除)の4種類のくじが入っており、赤票を引いてしまうと、2年間の兵役が待っています。

 

 

 

この非常に有名なタイの徴兵制度ですが、ニューハーフの方は、そのほとんどが不合格になる、女子は徴兵の対象外ですが、18歳以上で希望すれば訓練を受けることができる、徴兵検査の時に逃げたり、受験を拒否したら10年以下の懲役、などのルールがあるそうです。

 

 

ちなみに、タイの陸、海、空軍の中で一番厳しいと言われている海軍ですが、ちょっと珍しいものを保有しています。

 

それは航空母艦、すなわち空母です。アジアの中で空母を持っている国は中国インドタイの3か国のみなんですね。

 

徴兵制度のお話の最後に、タイでは公務員のアルバイトが認められており、兵役中に歌手としてコンサートの舞台に立つ人もいるようです。これも非常にタイらしいですね。

 

 

おわりに

 

それでは、本日のまとめです!

 

・ タイには一般的な年始、中国正月、ソンクラーンとタイには1年に3回正月がある

・ 4月13日から15日は「水掛け祭り」とも言われるソンクラーンの時期であり、政府によって祝日とされている

・ 4月のタイのもう一つ大きなイベントとして、徴兵検査があり、家族総出でそのくじ引きを見守る模様はテレビで生放送され、毎年、大変注目を集めている