Thailand(タイ)やBangkok(バンコク)に関するニュースを紹介し、 それに関連するネタについて書くタイブログです。

新型コロナ!もちろんタイ・バンコクでもマスク売り切れ!!!

新型コロナ!もちろんタイ・バンコクでもマスク売り切れ!!!

クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


バンコクランキング


タイランキング

記事の紹介

 

回は、MONEY PLUSさんの記事、「タイ・バンコクでもマスクは売り切れ状態、大量に売っていた「意外な場所」とは?」のご紹介です。

 

 発生以来2ヶ月以上が経過しながら、一向に収束の気配が見えない新型コロナウィルスですが、その猛威は東南アジア各地においても例外ではなく、タイでは感染が確認された42人のうち、3月1日、免税店勤務の35歳男性の死亡が確認されました。タイ国内初の死者が出たことで、これまで比較的ユルい姿勢をみせていたタイ人社会でも、マスク着用者が急増。マスクは一転して品薄状態に陥っています。特にバンコク中心、日本人滞在者も多く暮らすエリアのドラッグストアでは「マスク完売」が続いており、入荷しても即売り切れてしまうのが現状です。

タイの現状は?

 タイ政府は素早い対応を見せてはいます。タイ商務省は、買いだめ防止策としてマスク一枚2バーツ(約7円)以下での販売を義務づける通達を出しました。また、タイ保健省の門前ではマスクの無料配布も行うなどさまざまな対策を講じているものの、もはや焼け石に水状態で需要と供給が追いつかず、マスク不足の解消にはつながっていません。

 例年なら多くの観光客で賑わっていたワットポー、マハナコンタワー、マーブンクロンセンターなどタイ屈指の観光地やショッピングセンターからも人の姿が消えてしまい、とりわけ中国人観光客を満載したバスが続々と乗り付けていたナイトマーケットの名所、タラートロットファイ・ラチャダーはオープン以来はじめての閑古鳥状態に。その夜景の美しさがSNS映えスポットとして有名な夜市であるタラートロットファイですが、現状においては客足が途絶えたことで臨時休業の店も多く、コロナウイルスの影響の大きさを実感するばかりです。

 しかし、そんな沈んだ状況下でありながら元気に営業していたのは、バンコクの街中をいくら探しても見つからなかったマスクを大量に売る屋台でした。タラートロットファイにアクセスできる地下鉄MRTタイカルチャーセンター駅から続く道端では、急ごしらえの屋台を設営した商魂たくましいマダムが、医療用サージカルマスクのバラ売りとまとめ売り、およびコットン製マスクはそれぞれ一枚10バーツ(約35円)と、どこかの高額転売とは大違いの良心価格で販売しています。

 ご丁寧に1枚ずつビニールパックまでされており、コットン製マスクはマダムの友人によるお手製で再利用も可能とのことで、ハンドメイドバザーのようなほのぼのとした風合いが魅力的。衛生面では完全にアウトと思われますが、衣料品問屋が集結するプラトゥーナム市場近辺では、排気ガス渦巻く路上にて、手作りマスクをむき出しで並べる雑な屋台もあったぐらいので、こちらはビニールで覆われているだけまだマシなのかもしれません。

≪つづく≫

 

詳しくはこちらへ↓

 

 

タイにおける新型肺炎に関する現状

 

日本やタイのみならず世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルスに関しての記事は、こちらでもたびたび紹介しています。

 

 

 

 

ここに来て、新型コロナウィルスの感染者数が全世界で10万人を超え、それによる死者は約3400人を数えています

 

中国においては、世界の全感染者数の8割である約8万人が感染しているとされ、それに、韓国、イタリア、イランが続き、日本においても400人以上の感染者が確認されています

 

 

それに対して、新型コロナウィルスが人間に感染したことが確認された初期の段階では、世界的に見て感染者数が比較的多かったタイにおいて確認された感染者数は50人弱となっています。

 

このような中、タイではタイ保健省が、日本を含む感染例が増加している地域からタイに渡航した方に対する検疫強化及び「タイ入国後14日間の自宅等における症状の観察等の協力要請」を行っており、3月5日には韓国、
中華人民共和国(マカオ、香港を含む)、イタリア、イランを新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に関する危険感染症地域と定めました

 

現在のところ、これらの危険感染症地域からタイへの渡航者に対しての具体的な措置は発表されていませんが、今後は、日本を含めた新型コロナウィルス感染者が多い国や地域からの入国を制限する可能性もないとも言い切れないので注意が必要です。

 

 

タイでもマスクは買えないのか?

 

日本では、連日、ドラッグストアの前にはマスクを求めて大勢の人が列をなし、インターネット上のオークションサイトやフリマアプリでは高額でマスクを出品されており、転売の規制措置が望まれています。

 

日本では以前から、インフルエンザや花粉症対策を初め、女性が化粧をしていないという理由からマスクを着用することがあったり普段から「マスク」というものが非常に身近なものとなっていました。

 

一方、タイでは、世界中でも有数な交通渋滞が激しいことで知られるバンコクのバイクタクシーやトゥクトゥクの運転手や警察官など排気ガス対策としてマスクを着用している人はもちろん存在してはいたものの、タイ人の感覚として「マスクを着用している人はかなりの重病人」とされており、これまでは、必ずしもマスクの着用は一般的ではありませんでした

 

ところが、一昨年末から昨年初頭にかけて首都バンコクで深刻化してきたPM2.5などよる大気汚染が深刻化したことから、街中でマスクを着用する人々が見られるようになり、首相が自らマスク着用を呼びかけるということもありました

 

 

 

この新型コロナウイルスの感染を防ぐため日本同様にタイでも多くの人々がマスクを求め、タイ商務省によって買いだめ防止策としてマスク1枚2バーツ以下での販売を義務づける通達が出されているものの、以前は80バーツほどで購入できた50枚入り使い捨てマスクが500バーツを超えるなどマスクの価格が急激に上がったり、購入できない状況が続いています

 

 

 

今回の記事では、このような状況の中、以前、こちらでも紹介したEsplanadeの駐車場から眺める光景が「インスタ映えスポット」として有名なタラート・ロッファイ・ラチャダーにほど近い地下鉄MRTタイカルチャーセンター駅から続く道端にある屋台では、医療用サージカルマスクやコットン製マスクが1枚10バーツで売られており、それらのマスクを購入するにあたり、中国人の多くが自国で利用している決済アプリ「アリペイ」でも支払い可能であるということが紹介されています。

 

 

 

 

 

しかし、先日、タイ中部のサラブリ―県において、中学生を雇い、1日に1500枚から2,000枚の洗濯した使用済みマスクにアイロンをかけ、新品としてインターネットで販売していたタイ人女性3人が逮捕された事件がありました。

 

FNN.jpプライムオンライン
タイ 使用済みマスク洗濯販売 女3人逮捕 - FNN.jpプライムオンライン
https://www.fnn.jp/posts/00433249CX/202003041754_CX_CX
タイで、使用済みのマスクを新品として販売したとして、タイ人の女3人が逮捕された。  使用済みのマスクは、工場で捨てられたもので、女らは、タイ中部・サラブリ県の住宅で洗濯してアイロンをかけ、新品としてイ

 

 

マスクは直接自分の口に着用して使用するものであることから、購入する際にも十分注意が必要です。

 

 

おわりに

 

それでは、本日のまとめです!

 

・ 新型コロナウィルスの感染者数が全世界で10万人を超え、それによる死者は約3400人を数えている

・ タイ保健省は韓国、中華人民共和国(マカオ、香港を含む)、イタリア、イランを新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に関する危険感染症地域と定めた

・ このような中、日本と同様タイにおいてもマスクの価格が急激に上がったり、購入できない状況が続いている

 

クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


バンコクランキング


タイランキング