Thailand(タイ)やBangkok(バンコク)に関するニュースを紹介し、 それに関連するネタについて書くタイブログです。

タイ好きの人におすすめの「タイ映画」

タイ好きの人におすすめの「タイ映画」

記事の紹介

 

回は、Rolling Stone Japanさんの記事、「学校への賄賂は当たり前…タイ映画史上1位の作品に込められた教育システムへの疑問」のご紹介です。

 

 タイ国内映画として2017年の年間興行収入第1位を記録、タイ・アカデミー賞では史上最多の12部門を受賞した『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』が、日本でも9月22日(土)より、全国順次公開となる。

 中国・香港・台湾・ベトナム・マレーシア・ブルネイ・マカオ・フィリピンなど、今勢いのあるアジア各国でサプライズ大ヒットを記録し、辛口で知られるアメリカの映画批評サイト・Rotten Tomatoesでも高い評価を受けていることからもわかる通り、映画好きにはたまらない要素が詰め込まれた本作。タイの天才高校生が仲間とチームを組み、その明晰な頭脳と度胸でもって、熾烈な受験戦争下で世界を股にかけた一大カンニングプロジェクトを遂行する、という内容だ。アジア新興国の勢いや焦燥から生まれる底力、また国内での経済的格差の表現なども含め、観るものを1秒たりとも飽きさせない。

 日本でも経験者は多い“受験戦争”をテーマに、これほどのスリルとエンタテインメント性を込めることに成功した新しき俊英・ナタウット・プーンピリヤ監督に、本作について話を聞いた。

≪つづく≫

 

詳しくはこちらへ↓

 

 

バッド・ジーニアス 危険な天才たち

 

記事にもあるように、タイ映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』9月22日(土)より、日本全国順次公開されます。

 

この映画は、タイ国内のみならず、中国・香港・台湾・ベトナム・マレーシア・ブルネイ・マカオ・フィリピンなどでも大ヒットを記録、さらに、アメリカでも高い評価を受けているとのことです。

 

 

近年、発展が目覚ましいアジア各国では、「受験戦争」が深刻な社会問題となっており、タイも例外ではないようです。

 

タイでは学歴格差・経済格差も広がっており裕福な家庭は学校へ賄賂を渡すことで子どもを入学させることが頻繁に行われ、有名校への入学の選考基準は学生の質ではなく、家庭がどれだけ賄賂を払うかが重要で、裕福ではない家庭の子供には有名校への入学することが非常に困難であるという問題があり、そういった背景から、この作品はタイの受験戦争を舞台に、以前、中国で実際に起きた集団不正入試事件がモデルとしたもので、「カンニング」をテーマとしたものとなっています。

 

この作品は、裕福とは言えない父子家庭で育ち、天才的な頭脳を持つ女子高生が、特待奨学生として転入を果たした進学校で高度なカンニングを行い、答えを教えるのと引き換えに代金をもらうというビジネスを始め、そのビジネスは順調で報酬も貯まっていき、最後にアメリカの大学に留学するために行われる大学統一入試でカンニングを行おうとするといった内容のようです

 

 

 

 

タイ国内映画として2017年の年間興行収入第1位を記録したことに加え、タイ・アカデミー賞では史上最多の12部門を受賞した、この『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』は注目ですね。

 

 

是非見ておきたい「タイ映画」

 

日本でもDVDやBlu-rayとして発売されている「タイ映画」が多くありますが、その中でもおすすめの映画を紹介したいと思います。

 

まずは、第63回カンヌ国際映画祭において、タイ映画史上初めてパルム・ドールを受賞したアピチャートポン・ウィーラセータクン監督・脚本による2010年公開の映画『ブンミおじさんの森』

 

 

 

『アナと雪の女王』『アバター』の興行収入記録を超え、タイ歴代興行収入1位というメガヒットを記録した2013年に製作されたラブコメディ・ホラー映画『愛しのゴースト』

 

 

 

2003年11月にタイで初上映された性同一性障害に悩むムエタイ選手の物語として知られる『ビューティフルボーイ(Beautiful Boxer)』

 

 

 

トニー・ジャー主演の2003年製作のタイのアクション映画『マッハ!!!!!!!!』

 

 

 

タイ版『レオン』といった趣きの感動アクションドラマ『レイン』

 

 

 

第87回アカデミー賞に最優秀外国語映画賞候補作としてタイ映画から選ばれた2014年のタイ映画『すれ違いのダイアリーズ』

 

 

 

タイで実在したLGBTのバレーボールチーム が、差別や偏見を乗り越えて大会に勝利するまでを描く2000年に制作されたタイのコメディ映画『アタック・ナンバーハーフ』

 

 

 

アジア各国を恐怖の渦に巻き込んだ超視覚、ビジュアル・ショックホラー映画として有名な『心霊写真』

 

 

2003年10月にタイで公開された小学生の初恋の思い出を描いたタイ映画である『フェーンチャン ぼくの恋人』

 

 

 

タイ国技「ムエタイ」と中国拳法「カンフー」の二つの戦闘武術が出会い、融合するアクション映画『タイクーン!』

 

 

 

「タイが舞台のTVドラマ」「タイが舞台となった日本映画」「タイ見る日本の映画」も併せて見たいですね。

 

 

 

 

 

 

おわりに

 

それでは、本日のまとめです!

 

・ タイ映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』が9月22日(土)より、日本全国順次公開される

・『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』は、タイ国内映画として2017年の年間興行収入第1位を記録したことに加え、タイ・アカデミー賞では史上最多の12部門を受賞した

・ 日本でもDVDやBlu-rayとして発売されている「タイ映画」が多くある

 

クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


バンコクランキング


タイランキング